コツコツと習慣化運動を続けることで行動と思考は加速する!


コツコツと少しずつ実績を積んでいくことにためらいはありますか?やはり早く結果が知りたい!という人が大半なのではないでしょうか。継続することってとても地味で実感としてはなかなか掴みにくいところありますよね。

ダイエットにしてもなかなか体重が落ちず、途中で挫折してしまう人がなんと多いことか。ぼく自身も覚えがあります。

ただここ最近、地味にやり続けることの大切さがやっと分かってきた気がします。


結果が伴わず途中で辞めることはとても簡単で、自分に無理をしてストレスになるくらいなら辞めたほうがいいでしょう。精神衛生上よくありません。

そうではなくて、いかに簡単に続けられるようにハードルを下げるかが大事なんです。絶対にクリアできるくらい簡単なハードルにすることが大切です。

絶対にクリアできるようにする

例えば毎日の計画やレビューを手帳で行いたいと考えた場合、初日は「ノートを開いてペンを持つ」でクリアとする。それを三日続ける。

次の段階はノートの一番最初の行に「いまの気分を一行だけ書く」。それをまた三日続ける。

次は書く行を増やしてみるとか内容を考慮してみる。例えば今日やること(やりたいこと)を二〜三個洗い出してみたり、日記を書いてみるのもいいかもしれません。

このように必ず続けられるくらい低いハードルにすることで習慣化の第一歩がはじまります。

続けることで自己肯定感を育む

継続することからやがて習慣化されるようになるまでには、あなたの「自己肯定感」はかなり上がっていることでしょう。

自己肯定感とはつまり、自分は大切な存在だ、自分はかけがえのない存在だと認めることにあります。

◆参考図書 : 自分を愛する力

自己肯定感が養われているときは軽い興奮状態を感じます。自分は何でもできる、何をしても成功すると良い意味で錯覚します。こうなればしめたものです。

錯覚はやがて行動に落とし込まれ、集中力も増し、感覚が研ぎ澄まされているような気持ちになります。

そしてすべてのことが自分にとっての「チャンスなのではないか?」とさえ思えてきます。チャンスなどそうそう訪れるものではありませんが、アイデアが溢れ身体の中からふつふつと得体のしれないエネルギーが湧き上がってくるのを覚えるでしょう。

何気ない日常の中で、こうすればもっと良くなるとかダメもとでもやってみようなど、前向きな思考に切り替わっていることに気付きはじめます。

そして、行動と思考は加速する!

ぼく自身のお話しをさせていただきますと、コツコツとランニングや筋トレで身体を鍛え(当初の目的はダイエットでしたが)、ビジネス書や自己啓発系の本を読み漁り、日記を書いたり好きな言葉を毎日毎朝手帳に書き出すようにし始めました。

本日時点で約二ヶ月経過したわけですが、その間にいままでのぼくからは想像もできないような行動力に溢れ、また多数のアイデアを仕事に生かすことができました。

ブログに書ける範囲で申し上げますと、一番大きな動きは「法人成り」したことです。その他にも次のステージへ向かうために「建築業の許可証」取得に向けた動き(一ヶ月後には取得予定)、会社の規模拡大に伴う融資の取り付け、副業を軌道に乗せるためにセミナーに参加したり小規模ながら実際に営業も開始しています。

このように地味で辛い「コツコツ」を継続させることで、例えゴールを迎えるまでもなく自分自身に変化を生むことは可能です。

ぼく自身も行動に移せているものの、まだ準備運動の段階と解釈しています。まだまだこれからです。

実際、このブログも再開してからこの記事で10日連続更新できています。こちらもまだまだこれからなのですが、どんなに疲れていようともとにかく書きたい!という思いが強く、また、いままでは情報発信など意識していなかったはずが「習慣力の凄さを世間に伝えたい!」という気持ちに切り替わりました。

幸いにもぼく自身が経験することができたからだと思っていますが、まさか自分がこのようなことを書きたがるなんて夢にも思っていませんでした。

さいごに

本来ぼくは自己肯定感とは縁遠い人間でした。でも、コツコツと続けることの大切さ、そして習慣力を手にし「自己肯定感」を自らコントロールできることに気づきとても喜びを感じています。

行動と思考をレベルアップさせたいのであれば、是非コツコツと継続し、地道な努力を惜しまない気持ちが大切です。

先にも書きましたが、継続させたいのであれば絶対にクリアできるくらいハードルを下げることは忘れないでください。

あなたは万能です。どんな苦境をも乗り越え、きっとあなたが思い描く人生を有意義に過ごせることでしょう。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA