ふりかえるとゴールを追い越してた

大なり小なり、人間には目標や夢があります。あらかじめ決めている人もいれば、知らず知らずのうちに目標になったり夢にすり替わったりと、その時の状況や心理的な側面で芽生えてきます。

例えば大学に合格するとか○歳までに100万円貯金するとか、営業成績を上げるとか本を出版するとか。

具体的には将来なりたい職業を例にとると分かりやすいかも知れません。サッカー選手、芸能人、弁護士、アナウンサー、学校の先生、医師、大工さん、サラリーマンという人もいるでしょう。

これらは成長をする中でどんどんと変化していきます。大人になるに連れて自分のスキルとの格差・情熱の度合い、または現実と真摯に向き合った結果方向転換する場合もあるでしょう。

職業を例にとると、ぼくの場合はなし崩し的にいまの職業に就きました。


中学生時代の夢は漫画家・イラストレーターになりたいと思っていました。しかし兄の影響でやむなく(?)建築現場に携わることになります。

あれから20数年、途中ふらふらと寄り道をしたものの結果的に兄に誘われ何となくはじめた仕事でしたが、「法人化」という大きな節目を迎えました。

ゴールを設定することで思いは加速する

将来の夢に限ったことではありませんが「目標(ゴール)」を設定することでやるべきことが明確になり、行動に落とし込むことによってスムーズに事が進みます。

◆一週間後のプレゼンに備えてやるべきことを洗い出す。

◆一ヶ月後の模擬試験で良い成績を取れるように日々やるべきことを決める。

◆早寝早起きを習慣づけるために今日なにをするべきかを検討する。

◆人生を劇的に変えたいと考えた場合、自分にとって一番有効となる手段を考えてみる。

目標を定めたのちに計画を立て実行に移すことで、夢や目標といったゴールに近づくことを実感できるでしょう。

またゴールに向けて何をすればいいのか具体的に分かると、その後の行動にも力が入りやすくなります。

一番良くないのが、ぼんやりとゴールだけを決めて何もしないことです。せっかく目標が定まったのであればそこに向けて何をすべきか考え、行動を順序立てて突き進むべきでしょう。

ゴールを決めやるべきことが定まれば、間違いなくあなたの思いは加速します。

ふりかえるとゴールを越えてその先を走っている

ぼくはビギナーながらも毎日ランニングをしています。まだフルマラソンを走ったことはありませんが、何度かハーフマラソンは完走できています。

ランニングをはじめた当初、1km走るのに息切れをしていました。そしてすぐに膝を壊しやる気も起きません。しかしその頃の目標としては「5km完走」だったのでどうにかして頑張ってみたいという思いもありました。

そこで最初の二週間はウォーキングだけを実践してみました。だいたい1kmから3kmをのんびり歩くだけです。

二週間が過ぎ、早歩きくらいの速度で1km走ることを数日行います。そのまま距離を伸ばしてみて自信がついてくると、いよいよスローペースでランニングしてみることにしました。

1km、3km、5km。

ウォーキングをはじめてから約一ヶ月後、途中止まることなく5km完走することができました。ここで当初の目標はクリアできました。

次に目標にしたのは10km完走ですが、それから一週間足らずでその目標もクリアすることができました。しかし自分自身だいぶ無茶をして、再度膝を壊してしまいます。

そこでまたウォーキングからやりはじめました。そんな紆余曲折を繰り返しながら、やがてはコンスタントに10km完走できるようになりました。

そしていまでは10km以上、時間がある時はハーフランを普通に走り切ることができます。それまで遥かかなたの目標だった5km、10kmの完走はいつの間にか果たされただの通過点となっていったのです。

夢や目標はただの通過点と考えるべし

絶対果たされない夢をゴールに設定した場合、あなたの夢は叶うと思いますか?もしくは、少し頑張れば手が届く夢を設定することに満足できると思いますか?

夢や目標の設定はギリギリ届くよりちょっと先に設定しておくのが理想でしょう。

しかし、長期的なプロジェクトとして日々のタスクに落とし込むことにより、どれほど無茶なゴールでさえも着実に進んで行くのです。それはマラソンと同じようにコツコツと走ることで確実にゴールに近づくのと一緒です。

そしてゴールに到達する前にもう一度目標に向き合ってみましょう。もうすぐそこに手が届く段階に入っていることに気づいたら、さらにゴールを伸ばして上げることも一つの手でしょうし、いったんゴールテープを切って自分を褒めてあげましょう。

しかしそこで満足していてはそこで終わります。夢や目標は人生終焉のその時まで、限りなくあったほうが楽しいと思いませんか?

あなたが設定した夢や目標といったゴールはただの通過点と思うことで、常にリセットされ新しいアイデアとともにあなたを成長させてくれることでしょう。

一生懸命それらに打ち込む中でふと振り返ってみると、いつの間にかゴールを越えてさらにその先を走っている!なんてこともあるかも知れません。

その資質と実行力があなたには備わっているのですから。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA