次男の「さくひんてんらんかい」に行ってきました|ひろまひろく#136【2013/02/11版】

DSC_3827

もう何回目かわからないけれど、今日は次男が通う幼稚園の「作品展覧会」へ行ってきました。

DSC_3811

この幼稚園はイベントへの取り組みが素晴らしく、父母会の活動なども自主的にされている雰囲気のいい幼稚園です。

江北白百合幼稚園

長男も去年までお世話になってるし、三番目の末娘も今年の四月からお世話になります♪

DSC_3825

次男のクラス。

もう、この時点で泣けてくる。

次男の作った作品

DSC_3837 DSC_3836

DSC_3830

彼の感性って兄妹の中でもずば抜けて高く、なにかを想像して創造する技術に長けていると思ってるです。

その分感受性も高くて、誰も気にしないようなことでもいつの間にかホロホロと涙をこぼしていたりする。

DSC_3833

DSC_3834

DSC_3832

子供なら当然の感覚なんだろうけれど、奥さん以上に「家族の結びつき」を尊重する我が次男。

その反面、親にべったりするような性格でもない不思議な子です。

「次男坊」特有の自立心からくるのか分からないんだけれど、ずいぶん小さい頃からなんでも自分でやってみなくちゃ気が済まないような子供だった気がする。

兄妹乱入w

基本、園児の家族なら誰でも観覧できるので、うちも家族総出(奥さんのご両親含む7名)で行ってみた。

さすがに長男はかって知ったる我が母校。幼稚園時代からの幼なじみで同じ小学校に通う友達と好きにうろうろしている。

DSC_3839

末娘も、次男と同じ年中さんの大好きなお姉ちゃんに相手してもらい、うろうろ。

DSC_3845

さらっと次男の作品に目を通してもう遊びに夢中だw

DSC_3849 DSC_3852

DSC_3851

親として本当に嬉しいのは、子供たちがいつも笑ってくれていること。これに尽きるでしょう。

どんなに悲しいことがあっても次の瞬間には笑っている。

ぼくたち親がなんか微妙な空気の時も、それを察して笑わせてくれる。

子供たちの笑顔にどれだけ救われたことだろう。

これが次男だ!(親バカ全開)

DSC_3831

DSC_3863

普段はもっと良い顔してると思うんだけれど、本人はこれが一番イケてる顔だと思っているw 普通にしてたらいいのに…

クラスの中でもわりと人気者だと聞きました。お友達もたくさんいるようです。

大人から見ると少々癖のある性格と思っていて若干心配してたんですが、なんか無用な心配だった。

彼は彼なりに団体生活もちゃんとやっている。ただそれだけで十分なのだ。

我が子ながら勉強もそこそこできる気がする。いろんなことに興味を持ってまずやってみる。誰に対しても優しくて悪いことは悪いと言える。人に手を出されても自分はグッと堪える。

特に教えた覚えもないのにそれらを自分なりに理解してやっているのは、マジで凄いと思う。

DSC_3869

IMG_2976
彼は将来お医者さんになりたいという。

以前入院した時の記憶が彼にとって相当大きなことだったんだと思う。

長男入院ラプソディー|まさかの兄弟揃い踏み_| ̄|○ | Serial Number ZERO

お魚が特に好きなので水族館の人にもなりたいといっていた。

ぼくに似て好きなことにはとことんのめり込むタイプ。ぼくと違うのはそれを持続できてること。

我が子ながら本当に誇らしい。

最後に二人で竹で鉄砲を作った。

ビニルテープで模様を施し、納得のいくカッコイイのができて良かったね^^

次男も四月からは年長さんだ。時が経つのは早いよね。

幼稚園での行事ごとも年々減っていくことでもっと感慨にふけるんだろうな。


記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA