ブログの文体についての戯れ言

あえて書くことでもないことを、あえて書きます。

このブログ、文体に統一感がないことにお気付きでしょうか。

はじめて当ブログにお越しいただいた方はわからないと思うんですけれど、何度か僕のブログの記事を読んでいただけてる方なら「あん?」と思われているかと存じます。

文体に統一感がないというのは、悩みの一つでもあり、また僕の持ち味(ブレブレ)だと思ってます。

「ちゃんとした」ブログ運営をする上ではたぶんよくない事を僕はあえてしています。

スポンサードリンク


ちなみに、文体を変えることにこだわりがあるわけでもなく、ただなんとなくが一番しっくりくる答えでしょう。

しいてあげるなら飽きっぽい性格がそうさせてるんだと思います。

三つの文体スタイル

意識した書き方として現在三つの文体を使い分けてます。

使い分けてるというほど恰好のいいものでもなく、さっきも書いた通りただ、なんとなくそうしてるんです。

真面目な感じ

何かをレビューしたりするときはだいたい〜である、〜なのだ、〜でしょうといった断定的で真面目な感じを意識しています。

もっともレビューだからといってずっとこのようなスタイルにするとかは考えていません。

くだけた感じ

くすっと笑えるような記事内容の時に(笑)や「w」を多用します。

文章自体も考えぬいて書くわけでもなく、だらだらと、ただなんとなくその場のノリで書いていく感じ。

この時は「僕」や「俺」をごちゃ混ぜに使ったりしてます。

素の自分な感じ

「自分の声(心)」を意識してあるがままに書き綴るコラムや日記エントリーはまさにこのスタイル。

悩んでいる時の心情だったり、時には家族ネタの時だったりしたときはできるだけ素の想いを吐き出すようにしていますね。

楽しいときは楽しい、辛いときは辛い。

より人間くささを意識してる感じとでもいいましょうか。

僕はとにかく悩みます。結局答えの出ないことを考えます。

オフ会などではわいわいと楽しむ感じでもなく、どうせ限りのある時間を使うのであればできるだけ実りある話しがしたい!と思ってしまい、小難しい話しで周りに煙たがられてるんじゃないかとさえ思います。

普段なにも考えてない分、そういった環境ではエネルギーを一点集中で使い切るみたいな感じなんだろうなって思います。

で、要するになんなんww

はい、キタコレ。

なんにもないですw

そう、いつだって僕は考えてるようで考えてないし、考えてないから悩んじゃう。すんげーめんどくさいやつ。

これからも、弱い部分をどんどん曝け出していくことは続けていくつもり。

先日誰かに言われた

ひろまさんは、迷ったりつまづいたりしてる人の代表選手だという言葉はすごく刺さってる。

もちろんいい意味で受けとったわけだけど本当はどっちなんだw

そんな感じでいま思ってるつまらないことをつらつらと述べさせていただきました(笑)

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. 10月は僕の誕生月だから、そろそろブログの慣らし運転をしていきたいなー…

  2. 季節外れの凧上げあげた瞬間をマンガる|ひろまひろく#138【2013/…

  3. 寄り道をくりかえしてとうとうソーシャルのパワーを知った夜

  4. ずいぶん前からお世話になってる年下の友達と初のサシ呑み!

  5. ただここに、幸せや豊かさはすでに在るって気づくことだけ。

  6. 僕が妻と別れた理由。

FBページ