モレスキンやほぼ日の代わりになるもの|クラウドの活用

ペンとノート
手帳を使ったスケジュール管理と日々(週次・月次)の計画&レビュー、そして日記付けを今年から本格的に実践してきました。なにげに習慣にもなってきてはいましたが、もう一度見直して見た結果一旦止めてみることにしました。

人には「合う合わない」があると思うんですが、自分自身なんの目的で手帳を使っているのかが解らなくなったためです。

それまで計画やレビューといった目標や振り返りをしたことがなかった、こまかくメモをとることをしてこなかった自分なので、当初は面倒だという認識しかありませんでしたがいざやってみると頭の中が整理されていって落ち着いた行動がとれるようになってきます。

それらをモレスキンやほぼ日手帳で書きなぐる。とても気持ちがいいものでした。

スポンサードリンク


デスクには手帳、ポケットにはiPhone

手帳への記入がわりと習慣づいてきたタイミングでもう一度見直してみると、どうもしっくりこない。

なぜなら手帳を見返すのは日次計画を書くときの朝一番だけだったり、出先に手帳を持っていくことをしないためメモの置き所が結局「クラウド」だったってことです。つまり手帳の必要性を感じなくなってしまったのです。

毎日、それこそ朝起きて夜寝るまでの間ずっとそばにあるのは「iPhone」です。どんな時だって、財布をもたず散歩に出る時でさえポケットにiPhoneだけは入っています。

毎日の計画や前日のレビューをするとき、わざわざ手帳が置いてあるデスクに座って「さぁ書こう」と気持ちを切り替えるわけですけれど、なんだかそれがかえってタイムスケジュールを圧迫している気がしてきました。

iPhoneが手元にあることによりどこでだって、それこそリビングにいようがトイレにこもってようが、読浴の代わりに週次計画を練ることさえ可能なんですよね。

自分には手帳を使いこなすことはできない」と結論づけるわけではなく、ちょっとの間運用方法を変えてみることにしました。

クラウドを手帳代わりに

iPhoneをインプットの入り口としたときにその情報の置き場はどうするか。それはもちろん「クラウド」になります。

クラウド上に置いておくことにより、モバイルやPC、それこそネットカフェからでも情報をいつでも閲覧することが可能です。物理的にあるわけではないので少々不安な面もありますけど、ほぼ永久に消失することはない。

あのメモどこに書いたっけ?」とあたふたすることなく、膨大な情報の中からたったひとつのメモを探すのだって検索すればたった1秒で探し当てることができるのです。

利用しているクラウドサービスとアプリ

ネット上には便利なサービスやアプリが多数存在しますが、クラウドに限ってはあまり浮気はしません。

主に利用しているクラウドサービスとアプリをご紹介します。

すべてを記憶する | Evernote

仕事メモ、日記、思いついたこと、やりたいこと、日次・週次・月次計画&レビュー、スケジュールなど手帳に控えていた内容をそのまま記載することにしました。

他には手がけているプロジェクトの全資料、取引先からのFAXやクレジットの利用明細、領収書、電化製品のマニュアル、子供の絵、電子化した書籍、手紙やはがき、請求書や支払明細書といったものをPDFにして格納。

また、WEBクリップ、ブログ記事、食べたもの、買ったもの、ライフログ、Twitterのログ、スターを付けた大事なメール、写真などもすべて、本当にありとあらゆる情報をいれています。

これがなくなったら泣くなんていうレベルじゃありません。

Evernote (無料)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
Evernote(Android)
Evernote Corp.
価格:無料(2013.01.28時点)

Dropbox – 生活をシンプルに

OfficeやiWorkで作った資料を格納しています。

出先で突然見積もりの修正を依頼されたときや、確認のため手帳のメモや資料をごそごそ探すなんてのはスマートではありませんよね。

Dropbox (無料)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
Dropbox(Android)
Dropbox, Inc.
価格:無料(2013.01.28時点)


関連アプリ

Numbers (850円)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

Pages (850円)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

Gmail – Gmail を使う 10 の理由 – Gmail について – Google

手帳との関連はあまりありませんが、届いたメールの内容を確認する時はこれしか使っておりません。

iPhoneやAndroidに限らず、ネットに繋がる環境と端末さえあればどこからでも確認ができます。大事なメールには「スター」を付けてまとめて見ることができたり、Evernoteへ自動で送るように設定しています。

(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
Gmail(Android)
Google Inc.
価格:無料(2013.01.28時点)

Google カレンダーへようこそ – Google カレンダー ヘルプ

複数のカレンダーを作りスケジュールの調整や確認に使っている他、現場の稼働状況や日々のTODO、長期的プロジェクトの予定や全体像を把握をするのにも役立っています。

また連携アプリを使ってライフログの状況を確認することにも使っていますが、これに関しては本当に皆さんにオススメしたいですね。

Mac上ではデフォルトのGoogleカレンダーですが、アプリに関しては複数使っています。

Week Calendar (170円)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

Agenda Calendar (170円)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
Google カレンダー(Android)
Google Inc.
価格:無料(2013.01.28時点)
ジョルテ(Android)
Jorte Inc.
価格:無料(2013.01.28時点)


関連アプリ

Foursquare (無料)
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
Foursquare(Android)
Foursquare
価格:無料(2013.01.28時点)

(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

Toodledo : A to-do list to organize your tasks

主にタスクの管理とToDoのチェックに使っています。

いままでは手帳に書き出した毎日のタスクを、改めてToodledoに写すみたいなことしてましたけど、直打ちでToodledoに書くことにしました。

(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
すぐToodledoEX(Android)
Pikaichi7
価格:99円(2013.01.28時点)

さいごに

手帳を使うかクラウドを利用するか。

それは使う側の利用目的で使い分けるのが妥当だと思います。また、ひとつの使い方をやる続けるのではなく、ある程度「型」が決まるまでは色々な方法を模索しながら自分にあったやり方を見つける楽しさもあるのではないでしょうか。

手帳使いのエキスパートたちの手帳術を書籍などで拝見し、とても役に立ちましたしとても効率的な方法だと思っています。手帳ビギナーにとってはそういった「先人」の手帳術をマネするところから入っていったほうがすんなりと取り組むことができるでしょう。

ただぼくの場合は「効率的な時間管理」にまで手が回らないため、やむなく手帳を使うことを止めてみることにしたのです。

もちろんその結果「あー、やっぱりアナログのほうが楽だわ」って思えた時は光の速さで元に戻ると思いますw

手書きの温もりだとか字面から感じ取れるその当時の気持ち、ペラペラとめくった時に偶然目にはいる過去の記録といったデジタルでは見ることのできないアナログならではモノも確かにあるのですけどもね〜。

オススメの書籍

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. Apple Watchはまったくのノーマークだったのに、ファレルがつけ…

  2. 【iPhone 5】黒64GBゲットしました!ファーストインプレッショ…

  3. これどーなってんの?まるでリアルなおとぎの住人みたいな「秘密の友達」が…

  4. 手持ちのMacやiPhoneにアップルケアが付与されているか調べる方法…

  5. 数々の映画を 16ビットレトロゲーム風にリファインしてきた CineF…

  6. 牛乳紙パックの謎

FBページ