予期していないことが起きたけどありがたかった|ひろまひろく#125【2012/12/12版】

Axelarts | skitch com 1



何気ない行動ほど、時に思いがけない反応があってびっくりさせられることがあります。数あるぼくの悪い癖のひとつに「先のことを考えず、脊髄反射で行動する」というのがあります。

「これだ」と思ったことをすぐに実行に移してしまうこと。

実生活でも多々ありますし、ツイッター上でも何度かやらかしました。

人によっては「行動力があっていいね」と言ってくれたりしますが、激しく後悔してしまうこともけっこうあって本当に悩んでいた時期があるのです。



いわゆる「調子に乗る」という感情からの行動だと思うのですけど、言い換えれば「今が良ければそれでいい。未来のことなんて!」と捉えることができます。なんて危なっかしい。42歳にもなって脳内年齢はたぶん中学生のときのそれと何も変わってない気がします。

さて、先日新しいブログを立ち上げまして記事にもさせていただきました。

WordPressで新しいブログを開設しました。 ☞ 「ゆるっとガジェット日和」 | whatever will be, will be*

けっこう反響をいただき驚いております。

そっちのブログでの話しなんですけど、新しいブログは「ガジェット」をメインにして現在はブログ構築的な自分の備忘録を綴ったりしてます。もちろん記事数なんていくつもありません。固定ページも作っていますが中身は空っぽ。まだまだ生まれたてホヤホヤの可愛いやつです。

そのブログで満を持してエントリーした記事に対して予期していなかったことが起きました。

「予期してなかった」なんてカッコイイ書き方してるけど「考えてなかった」のほうが正しいかな。そう、いつものごとく何も考えないでただキャッキャッ♪とエントリーしてみたんです。

詳しい内容は書きませんけど、思いがけないリツイートとはてぶをいただきました。普段のぼくなら諸手を上げて万歳三唱のところですが、今回は様子がちょっとだけ違った。「いいね!いいね!」といったようなニュアンスではなく、「ん?あれ?」みたいな反応でした。中には厳しいご指摘を受け、昔々某ちゃんねるで散々な目にあった記憶が蘇ります。

日中はガテンワークでして黙々と仕事に励んだわけですが、すんげー気になって仕方ない。ネガティブな気持ちが沸々と出てきて「やっぱこの手のブログ向いてないのかも」なんて気持ちが到来してきます。

ただそこで引き下がっては昔のおれ。(いや、昔は引き下がるどころか自ら炎上させてたかw)

よくよくコメントやツイッターの反応を読み返してみますと、けっこう「アドバイス」として受け取れる内容だったんですよね。てゆーか全部がそんな感じ。反応いただいた方全員に返信させてもらうと悪意もまったく感じられず、むしろ心配というかここをこうしたらええんちゃう?的なお言葉をもらったりして。

え?

完全に理屈でねじ伏せられることを想像していただけに本当に「え?」です。なんかね、すんげーありがたかった。ツイッターでやり取りしてるお友達は大体どんな人かってゆうのは自分なりに把握はしてるけど、それ以外のいわゆる「ネットの通りすがり」の方たちはどんな人かも分かんないもんね。

だけど皆さん良い人ばかりだったのよね。厳しい書き方されてるようでも実は応援の裏返しだったり「レンズ沼へようこそ」なんて声をかけてくれたり。ネガな気持ちから入ってったからその言葉は本当にありがたかったし、思わぬ知識が得られてエントリーして良かったと思ってしまいました。

iPhoneの画面見ながら震えたり、泣きそうになったのなんていつ以来だろう。

こういう思いがけない時ってそうそうないから、今回記事にしてみた。

いやぁ本当に良い経験したなぁー( ´ ▽ ` )ノ♪


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA