飲酒運転はドライバーだけの罰則ではないって知ってた?

Wreck

本日無事に8回目の免許の書き換えを終えた ひろま(@hiroma20)です。

ええ、一度もゴールド免許になったことありません・・・


免許書き換えの時って人によって講習があったりするわけなんですけど、ぼくは毎回2時間の講習を受けてます。一度でも違反を犯すとこーゆーことになるんですよね。

違反といっても人に怪我を負わせたとか、何かをぶっ壊したってわけではなくて、だいたいスピード違反か路上駐車でございます。もうほぼこの二択。

今日の講習で興味深いお話を聞いたのでシェアしたいと思います。

飲酒運転に関しての法律が改正されてた

お酒を飲まないから気付かなかっただけなのかも知れませんが、だいぶ前に改正されていたんですね。まったく知りませんでした。

一番びっくりしたことを3点紹介しますよ。

◯酒類の提供
◯飲酒車両の同乗者
◯飲酒者への車両提供

この3点です。

いままでは飲酒したドライバーだけが罰を受けるだけだったのに対し、法改正後ドライバーに酒を振る舞う行為や、ただ同乗してただけ、さらに飲酒している人間へ車を貸し出すことをした非ドライバーも同罪と見なされるようになりました。

しかもこれは免許を取得していない者も対象にされます。

もちろん免許がないわけですから減点はないのですが、刑事罰や民事の責任は問われるようです。

例えばの話し、忘年会や飲み会などに車できていることを知らずに「まあまあ飲みましょう」と呑みの場のマナーとしてお酌をしたのち、その飲酒をした人間が某かの違反や事件を起こした場合も同罪ということです。

これはもちろん呑んだ後に車の運転をした人間がもっとも悪いのですが、お酒を提供したということで何の罪もないアナタも罪を問われるということです。

飲酒車両の同乗者もしかり、飲酒者への車両の貸し出しもまた同じように責任を問われるのです。おーコワ。

これから忘年会のシーズンです。

自分は呑まないから安全とは言えなくなってきましたね。

ただお酌するだけでも、最悪、おまわりさんのお世話になってしまうのですから。

もちろん一番気をつけなければいけない(飲酒運転してはいけない)のはハンドルを握るアナタですけども。


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA