iPhone5カメラの紫光現象に対し、アップル「問題ないっす」|そして私のもそうかもしれない件

たかが500万画素と800万画素の違いがこれほどのものなのかと毎日感動している ひろま(@hiroma20)です。

iPhone4からiPhone5の買い換えなので、カメラの性能だけ考えても買い替えて正解でした。

そんなスンゲー気に入っているiPhone5のカメラなんですが、どうやら発売直後から問題があったようですね。ノーチェックでした。

紫色の光の輪が、「iPhone 5」の一部の所有者に影響している最新の不具合のようだ。

iPhone 5のカメラを太陽や白熱灯などの明るい光源に向けたときの写真で発生するという。その後、カメラを動かして光源が画面に入らないようにしても、紫色の光が現れる現象がカメラを通して見えることがある。この現象は撮影されたどの写真にも現れる。

via – CNET Japan 一部抜粋

「iPhone 5」のカメラで撮影時に紫色の光–ユーザーが報告 – CNET Japan

レンズの問題のようですが、気持ち新たにiPhone5にしてこういった不具合は本当にテンション下がりますよね。

もっともアップル製品のイロハをご存知の方であれば、初期不良なんて当たり前じゃんと割り切っているのかも知れませんが。

さらにアップルはこの件に関して、「正常である」と判断しているっぽいです。

Appleは、少なくとも1人の顧客に対して、同社の「iPhone 5」で撮影した写真に紫色の光が見受けられるのは正常な動作だと考えられ、端末のアングルによるものだと話した。

「われわれのエンジニアリングチームから情報を得ており、写真撮影時には明るい光源からカメラを遠ざけるようなアングルにすることを推奨する」と電子メールで述べている。「画像内にある紫のフレアは、iPhone 5のカメラの動作としては正常と考えられる」(同電子メール)

via – CNET Japan 一部抜粋

「iPhone 5」カメラの紫色の光問題、アップルが「正常」と回答か – CNET Japan

これはどうとれば良いのか分かりませんが、先代CEOの頃であれば対応も変わっていたかもしれませんね。

まさかおれのiPhone5も!?

いままで購入してきたiPhoneは発売されてからけっこう時間が経ってからのモノです。当然初期不良なんてものはなく、改善されたものを手にしてきました。

そんな感じで買った直後にどうこうなったことはありませんでしたので、自分にとっては無縁なものと決めつけていました。

今朝チェックしたTwitterでこんな反応が返ってまいりました。

iPhone5カメラの紫現象が結構でてますね…

iPhone5カメラの紫現象が結構でてますね…

えええ!?マジでかΣ(゚Д゚lll)

気になったので反応元の記事を確認しましたところ…

iPhone5になったのでモバイルバッテリーも新しいのにしてみた|cheero「Power Plus 10000mAh」 | whatever will be, will be*

IMG 9767

これ?

…確かに紫がかっとる…orz

撮影した状況は、電灯直下にMacBook Airを置きその上に被写体を載せました

先ほどご紹介したネタ元の記事によると

問題となっている光は、光源がすぐ近くにある時に写真の端に主に現れる紫色の光のことであるが、光源がフレーム外にある場合であっても発生する可能性がある。

via – CNET Japan 記事抜粋

とあります。

まさにMacに反射した光の状態ですね。

気のせいと思いたいですけど、すごく気になりますねー。

今後のアップルの対応次第で考えていきたいところです。交換してもらえるならそれに越したことないんだけども。


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA