iPhone5になったのでモバイルバッテリーも新しいのにしてみた|cheero「Power Plus 10000mAh」



身の回りのものが新しくなると、ついそれ以外のものまで新しいのにしたくなる ひろま(@hiroma20)です。

昔は携帯(ガラケー)が新しくなるたびに車まで買い替えてた変態じみた習性をもっていましたが、家庭をもってからは健全です( ー`дー´)キリッ




iPhone5はバッテリーが心もとない

すでにiPhone5にしている方ならお気づきかと思いますが、iPhone5は電池を喰います。だいぶ改善されたようなんですけど、新しい機能?がたくさん盛り込まれたからなのか知りませんが一日持たないです。

普通に「電話」として使うならまだしも、Twitterや動画、メモリの喰うアプリなどを頻繁に利用してしまうともうダメですね。

ここら辺は今後のアップデートに期待してるんですけど、現状をどうにかしたいですよ。

とりあえずiPhone5専用のLightingケーブルが3本あるので家や車の運転中(車のバッテリーで補う)は安心です。しかし、電車移動とかになるとすごく心細くなっちゃいます。

ということでモバイルバッテリーを買ってみました。

cheero「Power Plus」10000mAh

購入したのはcheeroのPower Plusというやつ。

IMG 9762

容量は奮発して10000mAhです。

どん!

想像してたのより大きくて重かった。。

でも許容範囲です。

ON/OFFスイッチ

出力用のスイッチ。ONにすると充電がはじまります。

出力口と給電口

左の二つはガジェットに電流を送り込む出力口。

右のは本体を充電させるための給電口。

付属品

USBケーブルと各種ガジェットのドック形状に合わせた6個のプラグが付属されています。

・Appleドック
・Galaxy Tab
・microUSB
・miniUSB
・Nokia
・Samsung

あとはマニュアル。

本体に給電してみる

早速本体に給電してみたいと思います。

付属のmicroUSBプラグを本体の給電口へ差し込む

USBケーブルを繋ぐ

コンセントに差して給電開始

給電中はインジケーターが点滅する

充電してみる

本体は満充電に達していませんが試しにガジェットを差して充電してみます。

しかもiPhone2台w

iPhone4とiPhone5を同時に差してみましたが、問題なく充電されているようです。

パッケージにはiPhone5に対応しているとは記載されてませんでしたが大丈夫そうですね。新しいiPadがカバーされているなら当然かな。

ちなみに容量は10000mAh

もともと持っているPanasonic製のモバイルブースターは容量5400mAhに対してこちらは倍の容量であるのに、価格はほとんど変わりません。(2012年10月4日現在)

かなり怪しいのですけどレビューなどを見ていると皆さん絶賛されていました。

もちろん大きさも重さもこちらの方がボリュームありますが、気になるほどではありません。(個人差による)

iPhone5のバッテリー対策は皆さん苦労されているようですが、いっそのことモバイルバッテリーをひとつ持ってストレスのないiPhoneライフを送ってみませんか(^o^)


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA