iPhone5のサクサク感のおかげでホームボタンを一切使わなくなりました

スマートなデバイスはスマートに使いこなしたいものですね ひろま(@hiroma20)です。

前機種iPhone4の頃からホームボタンを極力使わないようにしていたのですが、OSをアップデートするにしたがい挙動が追いつかなくなり結局は物理ボタンに頼らずを得ませんでした。

以前このような記事を書きました。

ホームボタンの劣化を防ぐためにこれにしたよ | whatever will be, will be*

iPhoneにはAssistive Touchという機能があります。これは障害をもった方でも簡単にiPhoneを使うことができるミラクル機能です。

使い方は簡単。

▼まずは設定を開きます。

▼一般を開きます。

▼下にスクロールすると「アクセシビリティ」の項目がありますのでそこをタップ。

▼さらに、開いたページの下に「AssistiveTouch」があります。

▼こちらをタップして「オフ → オン」へ。

▼「AssistiveTouch」が有効になりました。

▼画面上にこのような丸いボタンが現れました。(画面はiPhone4)

さて、ここからはAssistiveTouchを使っていきます。

基本的には100%ホームボタンの代わりになると考えていいでしよう。

アプリの終了やマルチタスクはもちろんのこと、音声コントロール、音量調節、消音、画面のロックや回転、シェイク、スクリーンショットと、ほぼホームボタンで使用する操作をすべて補っています。

つまり、本体をスリープ状態から復帰させる時以外、物理的なボタンを使う必要がないということです。

ちなみに復帰させる時に使うボタンとは上部にあるスリープボタンのみ。

なお、当エントリーの最初に掲載している記事でも説明していますが、こちらのAssistiveTouchボタンはディスプレイ上どこへでも置いておくことができるので、アプリを選ぶ時やキーボード操作の時などは邪魔にならない場所へ移動させておくと気になりません。

iPhone4をiOS5にしてAssistiveTouchを使っていた時は挙動が追いつかないというか、反応するまでにタイムラグがありましたが、iPhone5になってからはサクサクと気持ちよく動いてくれます。

是非とも、史上もっとも美しく革新的なデバイスをスマートに、そして華麗に使いこなしていってください。


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ