再始動してから100日毎日更新できました|ひろまひろく#100【2012/07/09版】

Axelarts | skitch com 1

がっつりブログと向き合うようになってちょうど100日目を迎えた ひろま (@hiroma20) です。

昨年の9月からはじめたこのブログ。途中のらりくらりと更新してきて、新年度を迎えた今年の4月より「毎日更新」を掲げてなんとか100日続きました。


なぜ毎日更新するのか

もちろん「毎日更新」をすることによって得られるメリットがあるからです。

それはやりがいだとか耐え忍ぶ気持ちといったような、「メンタル的な作用」が大部分を占めています。

昔から何をするにも長続きしなかったぼくですが、「毎日更新する!」というお題目を立てることにより逃げ出せない状況をあえて作り、自分のテンションを維持しています。

毎日更新する目的は人それぞれでいいと思いますし、内容(クオリティ)に関しても自分が納得できてれば問題ないと考えます。ブログをはじめた理由にしても人それぞれですし、目標だって千差万別。

「ただ毎日書く!」って気持ちだって個人の自由なのです。

人によってはクオリティ云々で毎日更新することを毛嫌いしている人もいるでしょうし(実際のところ内容も充実しつつ毎日更新されている方もいます)、あえて宣言せずとも更新を続けられているブロガーの方たちも大勢います。

事実、ぼくもクオリティを追求しつつ毎日コンスタントに更新できたらどんなに素晴らしいかってことは分かります。

分かりますが、まだいろんなことを模索中なので自分にしっくりくるブログ術が見つかるまではメンタル面を強化していきたいのです。

状況はどうあれ毎日1記事以上は書くこと。

もしこれが途絶えたら…昔の自分に戻る気がしてとても切ないです。

エントリーに対する敷居がさがった

そもそもぼくのブログには大それたミッションなんてものはなく、自分の日常と楽しいと思えたことをただ書いているだけなので他の方よりは書くことへのエネルギーは必要としてませんが、それでも以前はなかなか書くことに躊躇しておりました。

ネタが尽きるのはしょっちゅうでしたし、「日記中心」でも書くことがなかった時もありました。

だけれど毎日複数書くことにより自然とブログに向き合えるようになって、結果、書くことへのハードルがすごく下がりました。

これに関しては毎日書いていなければ気づけなかったことだと思っています。

時間短縮に関しても、自分が納得できるのであれば例え短くてもエントリーしちゃうので、15分もあれば一本書けてしまいます。

むしろ、週一本とか二本でクオリティを上げた記事ってなると、ぼくの場合余計に書けなくなってしまう恐れもあるんですよね。

デメリットといったらこれしかない

家族を持たれている方なら分かると思いますが、パートナーや子供たちと接する時間の調整が難しくなります。

いまはまだ趣味程度に続けているに過ぎないのに、ハマり過ぎると大惨事を招きかねません。これは今後も注意したいところです。

いまのところ毎日更新することでのデメリットといったらこれだけですね。
これさえしっかり調整できたら、何も気にすることなくブログに打ち込める気がしてます。

憧れの先輩ブロガーからの助言

「ブログの軸を探してるのであれば、一つのコンテンツにつき200記事書きなさい」

これはガチで言われました。だからぼくは素直に実践しているにすぎません。

それも早い段階で探し当てたいので、毎日複数の記事をあげています。

とは言え、この「ひろまひろく(日記)」が一番その数に近いコンテンツです。ぼくの中では日記を軸にはしたくないみたいな変な意地もあるので、早いとこ他のコンテンツの充実をはかりたいと考えてるのですがなかなか難しいところであります。

なんにしても今日で100日目。

いまだに悩みはつきませんが、一つの区切りとしてなにか新しいことに挑戦してみたいですねー。もちろんこのブログに関してのことですけど。

その中で自分的に気づきが得られたらそれはそれでありがたいことでございます。

今日書いた記事

子供のコミュニケーション力|ひろまひろく#99【2012/07/08版】 お財布に優しくボリュームのあるランチメニュー|「麺飯中華厨房 八福食堂」でウマ辛担々麺を食べてきた | whatever will be, will be* 毎日の積み重ねって大事なこと【マイテンログVol.27 2012/07/09】

今日の運勢


今日の睡眠


今日の一枚


今日の体重


ブログ毎日更新(2012/04/01〜2012/07/09 100日間)

Posted from するぷろ for iPhone.

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA