インドのロボットおっさんがかなりぶっ飛んでてはちゃめちゃな映画「ロボット」

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」以来、映画館で映画観てないひろま(@hiroma20)です。

子供たちも映画館の暗さに恐怖を憶える年でもなさそうだし、今年は行ってみたいですね。

先週の土曜日(12日)に公開されたインド映画「ロボット」がとにかくメチャクチャで、業界内を騒がせてるようです。

映画『ロボット』公式サイト

「ムトゥ 踊るマハラジャ」ラジニカーントが一人二役で主演。監督に「ジーンズ 世界は2人のために」のシャンカール。

ヒロイン役には1994年度ミス・ワールドに輝いたアイシュワリヤー・ラーイが演じています。

ロボット工学のバシー博士(ラジニカーント)は、自分そっくりの高性能ロボット・チッティ(ラジニカーント)を開発。人間の感情をプログラムされたチッティは、博士の恋人サナ(ラーイ)に恋をするが、「人間と機械は愛し合えない」とフラれてしまう。失恋のショックから大暴走を始めたチッティは、大量生産した自らのレプリカで最強の戦闘軍団を結成。サナを手に入れるため、人間を相手に破壊行為を繰り返す。

想像を絶するアクションの嵐 インド映画「ロボット」予告公開 : 映画ニュース – 映画.com より抜粋

とにかく内容がぶっ飛んでて、ロマンスありコメディありSFありダンスありと、インド映画独特のてんこ盛りな内容となっています。

ターミネーターとマトリックスとトランスフォーマーを足してインドで割った感じというのかなww

DropShadow ~ スクリーンショット 2012 05 16 22 54 53DropShadow ~ スクリーンショット 2012 05 16 22 56 37DropShadow ~ スクリーンショット 2012 05 16 22 57 07

ほとんど予告編だけでもいいくらい

YouTubeで予告の動画があるんですがこれだけでも十分すぎるくらい映画観た気になります。

公式ではありませんが見応え十二分です。

インドのやりすぎた衝撃的な映画(予告編)

何気に本編も気になりますね〜。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA