会いたいから会いにいく。

「会いたい人はいるか?」の問いかけに対し

「YES!」と躊躇なく言えるようになったマツオユキです。

世界は広い。そしてまた我が国ニッポンも広い。

世界の総人口は2012年5月8日現在で70億人を超えています(米国国税調査局・概算)。

日本の総人口にいたっては2012年4月1日現在で1億2765万人(概算)いるそうです。

想像もつかない数字ではありますが、あなたはこのうち何人の方と出会うことができるでしょう。

そして、誰に会いたいですか?

会いたいから会いにいく。

個人差もあり一概には言えないが、

人間が一生涯で出会える何らかの接点を持つ者は三万人らしい。

そのうち近しい関係になる者が3000人

親しく会話を持つのが300人

「友人」と呼べるのが30人

「親友」と呼べるのはたったの3人だそうだ。

出典:人力検索はてな

まずはこちらの記事を見てほしい。
会いたいから会いにいく。ただそれだけ in 大阪 – Dpub4からの再会 | stryhの日記 ~stryh/changelog
Dpub4 in 大阪で仲良くしてもらったと勝手に思っている方達に会いに。 タイトルにもある通り、会いたいから会いにいく。 本当にただそれだけ。 他に理由はない。 それとDpub4でも感じ …

改めて実感した「一対一で会うこと」の素晴らしさ | たぁぼぉ録
そこで、今年から始めたのがこれまでにセミナーやイベント、オフ会などで知り合った方々と「一対一でお会いしてカフェや飲み屋でじっくり語り合う」場を作ることです。 これまで10人近くの方に声を掛けさせて頂 …

自らの想いだけで他者と接点を持とうという、前向きなパワーに満ちた思いを感じ取ることができるだろう。

恋愛関係でもない者同士が「ただ会いたい」という想いだけで行動を起こしている。

これは、言葉では言い表せない「魂の揺さぶり」からくる衝動なのではないか?
ソーシャル特有の「思いがけない共鳴」なのではないか?と考えざるをえない。

そんなおり、昨夜、以下の記事を見た。

[ま]ブログへの情熱が腐りきってしまう前に @kun_maa – [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)
いつからか、自分のブログのPVが気になって仕方ありません。   他のブロガーの方たちの週刊や月刊の報告など比べて、なんと自分のブログのPVの少ないことかと・・   そして、毎日PVを気にして時間があれ …

数ヶ月前の自分を見ているようで苦しかった、というのが記事を読み終えた感想だ。

ブログを運営している者はそれぞれ何か目標を持って続けている。

・ライフログ的な日記を公開している者

・アウトプットを目的として常になにかを発信している者

小遣い稼ぎで広告を掲載している者

・「プロ・ブロガー」と呼ばれるブログで生計を立てている者

・ブログを機転としてさまざまなメディアに進出していこうとする者

目的やゴールは人それぞれで、いろいろな考え方のもと成り立っているのがブログメディアであろうと思う。

そのように様々なブログがあってこそ人となりが見え隠れし、そこに面白みも生まれてくると思っている。

僕がブログをはじめた理由は、根本には「ネット上に自分の生き様を残すこと」にある。

付随して言えることは「子供たちや孫、これから生まれてくるであろう子孫に私の思いを知ってもらいたい」というのがある。

つまりは、大枠で言うと「日記を残すこと」になるわけだ。

ただし正直なところ、今日現在の僕の考えはこうだ。

「せっかく見てもらえるのなら多くの人に見てもらいたい」

訪問者やページビューが徐々に増えてくるにしたがい欲が出てきてしまったのだ。

そんなおり、@kun_maa氏のエントリーを見ることとなる。

数ヶ月前の僕はまさに同じような考えで、一人でも二人でも見てくれている人のために自分が楽しめる記事を書こうと考えていた。

それがどうだ。

いまはページビューばかりを気にし、あたかも数万、数十万PVを稼がなければブロガーではないというような強迫観念にとらわれている。

たかだか10,000PVをやっとの思いで達成できた素人が、勘違いも甚だしいバカげたことを考えていた。

だから会いにいく。

会いたいから会いにいった。

数ヶ月前の自分との対面だ。

そして、彼個人にも興味があったから会いにいったのだ。直接会ってじかに話しを聞きたかったのだ。

突然の押し掛けにも快く答えてくれてとても感謝している。

スーパー人見知り同士がよくもまあ三時間もラーメン屋で話しをしたもんだww

DropShadow ~ IMG 6670

DropShadow ~ imageDropShadow ~ 0F0EF435 2776 466D 9F57 18659F6D5E2C

今日はマツオユキ(@matsuoyukijp)とkun_maaさん(@kun_maa)と二人でラーメン屋で三時間もブログ談義をしましたよー!って話しでした。

たぁぼぉさん(@TaxaBoxo)の言うようにサシで会うって本当に得られるものでかいよな。

saita_ryouheiさん(@saita_ryouhei)のように「会いたい」って思いだけで大阪行っちゃうのもいまならすっげーわかるよ。

【関連】

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA