世紀の天体ショー!2012年5月21日(午前)日本中で金環日食が見られるぞ

DSC_0124-1
Photo by relaxmax

天体観測など小学校の遠足で行ったプラネタリウム以来縁がない ひろま@hiroma20)です。

2012年5月21日、金環日食と呼ばれる現象を日本全国で見ることができるそうです。

部分日食を含め、関東地方、中部地方南部、近畿地方南部、四国地方南部、九州地方南部など広範囲で見ることが出来るのは、本州で最後に見られてからおよそ129年ぶりだそうです。

ーーーそもそも金環日食ってなによ?

「日食」は、太陽の手前を月が横切るために、太陽の一部または全部が月によって隠される現象です。

部分日食」を含めると、地球全体では1年に数回の日食が起きていますが、毎回「皆既日食」や「金環日食」になるわけではありません。また、「皆既日食」や「金環日食」は大変狭い範囲でしか見ることができないため、あるひとつの場所で考えると、「皆既日食」や「金環日食」はめったに起こらない珍しい現象ということになります。(日食についての詳しい説明は日食とはをご覧ください。)

2012年5月21日には、日本でその「金環日食」が起こります。全国で部分日食を見ることができるほか、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲で金環日食を見ることができます。

金環日食では、皆既日食のようにコロナやプロミネンスが見えたり、星が見えるほどに暗くなったりはしませんが、太陽がドーナツ状に見え、曇りのときのようにあたりが薄暗くなる様子を観察することができます。

日本の陸地に限ると、金環日食が観察できるのは、1987年9月23日に沖縄本島などで見られた金環日食以来のことです。次回も2030年6月1日に北海道で見られる金環日食まで、18年間起こりません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。

2012年5月21日 金環日食 | 概要より引用させていただきました。

DropShadow ~ スクリーンショット 2012 04 24 20 56 18

部分日食、金環日食を確認することが出来る主な地点と時間帯です。日本列島縦断ですね。
太平洋側でよく見れるっぽい。

なかなかゆっくり空を見上げることなんてないよなー。

でもこの日食は人生一度きりの天体ショーだから、興味なくても空を見上げましょうよ!
みんな同じ空を見上げることなんてそうそうないでしょ。

ただ直接見てると目をやられるそうなので、それなりの準備も必要です。

日食メガネ!
例えこの日しか使わないとしても思い出として持ってるのもアリですね。

世紀の天体ショー。ご家族、恋人、シングルプレイ、なんでもいいからみんなで「繋がり」ましょうよ!

こんなiPhoneアプリもあります。

金環食2012 1.0.1(無料)App
カテゴリ: ナビゲーション, 天気
販売元: Yoshikazu Kuramochi (rakusan) – Yoshikazu Kuramochi(サイズ: 0.7 MB)
全てのバージョンの評価: (24件の評価)

太陽の欠け具合が時間によってどうなるか、シミュレートを見ることができます。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA