Evernoteへほぼ自動で残すライフログは4つのアプリと1つのWebサービスでまかなうことにした【暫定】

仕事から帰ると子供たちに大歓迎され嬉しくてついはしゃいじゃうんだけど五分後には息が上がってしまう @hiroma20 です。こんにちは。

P1030499

ここのところ、Evernoteでしこしこライフログを残すことが楽しくなってきました。
具体的にはライフログを残したところで何かしているってわけでもなく、ただ単に一日の行動が溜まっていく過程を見返すことが面白いんですよね。いまのところ。

これを例えばタスク管理に活用できたり、このログから何か気付くことができるようになればもっと意味が出てくるとは思うんですが、いま現状はただログを残すことが純粋に面白い段階であります。

今回は、だらだらと記録だけを録っているEvernote+ライフログの運用方法がだんだんとカタチになってきているので、暫定的ではありますがシェアしたいと思います。

自動で記録が残るiPhoneアプリ4つとひとつのWebサービス

IMG 3811 1

いまのところ1日の行動記録をほぼ自動でEvernoteへ残すにあたり、メインで使っているiPhoneアプリは上のスクリーンショット内で囲っている4つになります。

これとは別に、食事のログや写真などもEvernoteに格納してはいますが、上記で紹介している意識しないで勝手にEvernoteに入るアプリとは感覚的に違うので今回は割愛させていただきます。

1. タイムトラッキングにはiライフログを使う理由

iライフログ 1.1.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Natz Soft – Norio Natsume(サイズ: 2.6 MB)
全てのバージョンの評価: (21件の評価)

1日の行動を時間ごとに計測するタイム・トラッキングアプリです。

Evernoteに残すライフログは「iライフログ」がいまのぼくにピッタリなワケ | whatever will be, will be*

上記のエントリーでも紹介していますが、このアプリの魅力は1日1ノートでログがまとめられるところにあるでしょう。

IMG 3815

▲ アプリ上でのログの履歴です
うっかりカテゴリのきりかえを忘れてもあとで修正することができます。

スクリーンショット 2012 03 20 0 25 00 1

▲ Macから見たEvernoteのノートです
カテゴリごとに色分けもちゃんとされており見た目もスッキリ。
また、カテゴリ内に添付した写真やメモもちゃんと記録されています。

1日ごとにまとめられたノートがこんな感じで自動生成されます。

Skitched 5

▲ 画面下部に割り当てられた3つのボタンのどれかをタップすることで、カテゴリ内に写真やメモなどを個別に残すことができます
もちろん撮影した場所の記録もちゃんと残ります。

究極にめんどくさがりな人であれば、カテゴリの切り替えなどせず写真とメモを挿入し続ければ1日分のライフログを完結させることができちゃいます!!

ちなみにぼくの場合、もともと指定されたカテゴリのタイトルは空白に編集し直してあります。

Skitched 6

▲ アイコンやタグを見ればログの状態が分かります
「ごはん」カテゴリでも少なくとも1日2回〜3回は利用しますので、その都度「松屋でお昼ごはん」とか「自宅で晩ごはん」と場所と食事の状態を手入力します。

「移動」カテゴリに関しても、「どこそこに何をするために向かう」や「自宅へ帰る」などとそのときの状態によって変えていきます。

このように面倒なことをするにも理由がありまして、Evernoteとは関係なくなってしまいますが、このアプリはGoogleカレンダーとも同期することができ、そちらからの閲覧も視野に入れてこのようにしています。

IMG 3820

デフォルトのタイトルのままGoogleカレンダーで見ると内容がいまいちわからず、詳細を見るためにいちいち中身を覗かないといけません。
カテゴリ起動時にタイトルを都度手入力するのは、Googleカレンダー閲覧のためでもあります。

IMG 3708

ちなみに空白のままでは保存できませんので、半角スペースだけを入れれば空白のまま保存することができます。

2. 移動経路にはPathEverを使うワケ

PathEver for Evernote 1.1.0(¥170)App
カテゴリ: ナビゲーション
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (3件の評価)

移動する際起動しておくと指定した距離ごとに記録されていきます。

毎日の通勤時や勤務時に必ず使うライフログ含む便利アプリ12選 | whatever will be, will be*

上記のエントリーで簡単に紹介しています。
マップ上に移動した履歴が残るので、効率的な最短の道しるべが見た目で把握することができます。

IMG 3825

▲ 起動時

IMG 3836

▲ 画面右下の設定をタップすると各種設定事項のページが出てきます

IMG 3832

▲ 最低移動距離を選ぶとポップアップ画面が現れるので、数値を「m」単位で入力します

車移動などは移動距離に合わせるのがいいでしょう(長距離なら単位は多めの方がいい)が、まあ普通に500mから1000m程度に設定しておくと良いかもしれません。
設定した距離に対象物が到達すると、マップ上に色の付いたピンが立ちます。

スクリーンショット 2012 03 20 2 56 06

▲ Evernote上ではこのように表示されます(設定は500m単位)

IMG 3833

▲ ピンの色も変えることができますので用途により変えてみると面白いかもしれません
車は紫、徒歩は赤、電車は緑とか。

ただしこれはログ記録中のiPhone上でしか効果はいまのところありません。
1日ごとにEvernoteに格納されノート上の表示では色分けされないのです。これは残念。
今後のアップデートに期待するしかありません。

IMG 3839

▲ 右上の四角をタップするとマップの表示方法が変えられます
標準、航空写真、地図+写真のどれかを選びます。
デフォルトでは起動時の画面「標準」です。

IMG 3834

▲ 航空写真

IMG 3835

▲ 地図+写真

個人的には「標準」が一番無難な気がします。

IMG 3837

▲ マップ上の「現在地」をタップするとスクショ右の画面になります

標準アプリ「マップ」のような機能もあるようです。
この中で試しに「ツイート」を選んでみます。

IMG 3838

▲ ツイート画面に切り替わったら内容を記入して「送信」

 


▲ Twitterのタイムライン上ではこのように表示されました
人と待ち合わせしたりするときには便利ですね。

共通のタグには「PathEver」を設定しています。
Evernoteでタグ検索してみます。

スクリーンショット 2012 03 20 3 28 21

▲ 画像が小さくて分かりづらいでしょうが赤い線が毎日の移動経路です(1日だけミスりました)ミミズが這ってるようにしか見えないwwww

これはこれで面白いです。
この移動経路の画像で他に面白いことができそうな気がするんですが、いまいち思い浮かびません。

3. ふと思いついたことや忘れちゃいけないことはPostEver!

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.3.1(¥600)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 2.4 MB)
全てのバージョンの評価: (827件の評価)

元祖1日1ノートのパイオニアって思ってます。
起動から送信までが早くて、急いでパパッとメモしたりするのに大変重宝しています。

現状メモを取ることに優先させているこのアプリを有効に活用するために @toraxo さんのこちらの記事を参考にさせていただきました。

( `д´)/ ニャー…ねこになりた~い♪: PostEverとwithEverとTouch Icon Creatorと…

PostEverにwithEverとTouch Icon Creatorの合わせ技!

withEver 1.8(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: e73developer – Ryo Enami(サイズ: 1.1 MB)
全てのバージョンの評価: (25件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Touch Icon Creator 3.2(¥85)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Makoto Setoh – Makoto Setoh(サイズ: 5.1 MB)
全てのバージョンの評価: (160件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

詳しくは @toraxo さんの記事をご覧になっていただいた方がよく分かると思いますが、あらかじめカテゴリごとのタイトルを作成してPostEverでメモを取り、withEverでワンタップで検索をかけるというもの。

Skitched 18

▲ Touch Icon Creatorで作成したオリジナルのアイコンをタップ

Skitched 20

▲ Touch Icon Creator内で設定したタイトル(検索用のカテゴリ)が入力されている状態です

Skitched 17

▲ 次にwithEver用に作ったオリジナルアイコンをタップ。(「仕事」カテゴリのメモを検索します)

Skitched 19

▲ ご覧の通りワンタップで検索結果が反映されます!これはオススメです

ぼく自身、メモを取る際PostEverを利用するということが習慣化されておらず、手帳や他のアプリをワザワザ立ち上げている状態です。
このあたりは今後の課題としたいと思います。

4. I’m at な記録にはやっぱりfoursquareがいいね!

foursquare 4.2.2(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 旅行
販売元: foursquare – Naveen Selvadurai(サイズ: 8.1 MB)
全てのバージョンの評価: (1,660件の評価)

ご存知の方も多いと思いますが、任意の場所でチェックインした内容を記録したりTwitterやFacebookなどへ投稿ができるSNS。

Twitterの次に来るのか、新世代ソーシャルサービス「foursquare」って何だろう? – デジタル – 日経トレンディネット

Skitched 21

▲ お友達のチェックイン情報の画面

下部のチェックインをタップすると周辺の情報が一覧表示されます。

IMG 4187

▲ 現在いる周辺のスポットが表示されます

一覧にない場合は検索から探してみたり、自分で登録することも可能です。
一番上の「my車庫」という項目はぼくが自分で設定しました。

IMG 4188

▲ 一覧からチェックインしたい場所をタップすると、このように他の人のメッセージやメイヤー(チェックイン数で決まる?)が表示されます

また、「ここでチェックイン」の上にあるスポットをタップすると▼のようにマップが表示されます。

IMG 4253

▲ チェックインしている人数と合計チェックイン数も表示されます

マップ部分をタップすると大きなマップに切り替わります。

ちなみにぼくはチェックインの情報をGoogleカレンダーと連携させておりそちらでも閲覧することができます。

スクリーンショット 2012 04 02 17 17 25

▲ すごく見づらいですがグリーンの文字がはfoursquareでチェックインした履歴です
※ブルーの文字はiライフログの履歴です

Googleカレンダーへの連携方法は別記事で説明したいと思っています。

foursquare

foursquareはWEBと連動していますので、こちらでは履歴や各種のデータを見ることができます。

スクリーンショット 2012 04 02 17 24 43

スクリーンショット 2012 04 02 17 23 45

スクリーンショット 2012 04 02 17 24 13

iPhoneからでも閲覧は可能ですが、MacやPCの大画面で見るとまた違った発見ができるかもしれませんね。

5. foursquareのチェックイン履歴をEvernoteへ連携するにはiftttで!

Automating the Internet
Photo by SayHolaToTravis

ifttt / Dashboard

ぼくのライフログはいまのとこEvernoteに集約させています。
そのため、foursquareのチェックイン履歴もEvernoteに残したいところ。

そこで「ifttt」というアプリの連携が手軽に組めるサービスを利用することにしました。

スクリーンショット 2012 03 21 7 11 40

基本的にどのアプリもEvernoteへの連携にしか使っていませんが、設定次第ではもっと有効な使い方があるようです。

【Webサービス】EvernoteからFBまで、なんでも自動取り込みできる『ifttt』が便利すぎる!! | 世界をぐるりとBusidea

iftttを使うといろんなことが自動化されて便利なので17個のタスクを晒します Yahoo! Pipesを使いこなせなかった一人より – @hebyumetan

スクリーンショット 2012 04 02 17 39 40

▲ Evernote上ではこのように表示されます

視認性は抜群ですね。(相変わらず見づらくてすみません…)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ほぼ自動でEvernoteにライフログを残す4つのアプリと1つのサービス。
iPhoneがあればいとも簡単にこれらのことが可能です。(もちろんAndroid端末でも可能)

ご紹介した4つのアプリも定番の「神」アプリと呼ばれるものです。安定性と信頼性は抜群にあると思いますので、安心して利用されていいと思います。

ぼくもまだログを録ることにいろいろと模索中です。もっといいやり方もあるでしょうし、今回紹介したアプリ以外を使っての記録も可能だと思っています。
ただぼくのようなビギナーには、安心して使えてなおかつ簡単な方法が必要なんじゃないかと思っていますので、上記のやり方を紹介しました。

もちろんもっと簡単な方法があればすぐにでも乗り替えますので、先輩ライフロガーの皆さんご教授願いますww


今回ご紹介したアプリを再掲載します。
アプリの価格は記事掲載時のものになりますので、購入する際はご自身でご確認くださいね

iライフログ 1.1.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Natz Soft – Norio Natsume(サイズ: 2.6 MB)
全てのバージョンの評価: (29件の評価)

PathEver for Evernote 1.1.0(¥170)App
カテゴリ: ナビゲーション
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.4 MB)
全てのバージョンの評価: (4件の評価)

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに 2.3.1(¥600)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 2.4 MB)
全てのバージョンの評価: (842件の評価)

foursquare 4.2.3(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 旅行
販売元: Foursquare Labs, Inc. – Foursquare Labs, Inc.(サイズ: 8.1 MB)
全てのバージョンの評価: (1,673件の評価)


ぼく自身も読ませていただいた関連する書籍です。
どの本もオススメです!


当ブログにお越し下さりありがとうございます。記事は楽しめましたでしょうか?

もし気に入っていただけましたら RSSリーダー への登録も宜しくお願いします。
皆さんのお声がブログ更新の励みになります!!

TwitterやFacebookページもあります!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA