卒園を迎えた君への手紙【動画】

現場での実務労働は落ち着いてきたけれど、まだまだ裏方的な書類の整理が追いついていない @hiroma20 です。おはようございます。

昨日長男が3年間の幼稚園生活を終え、無事に卒園を迎えたことを記念してのエントリーです。


319

2009年4月10日。

とても良く晴れた青空の下、君はぶかぶかの制服に身を包み少し不安そうな顔で園の門をくぐりましたね。

そんな君はパパとママに心配をかけさせまいと繋げた手をぎゅっと握りしめ、自分の気持ちを押し込めようとしていたように思います。
まだ生まれて三年しか経っていないというのに、いつも周りへ気をつかうその優しい性格はきっとこの頃からあったのでしょう。

110

入園一年前の未就園児からこの幼稚園に通っていたので、パパとママからすれば君が登園するのは見慣れている光景だけれど、制服を着た君を見るととても頼もしく思えます。

だけれど、友達はできるのか?パパとママから離れて大丈夫なのか?
そんな心配はいつも持っていました。

たった数時間だけれど君と離れて生活するのはパパやママもはじめてのことなので、君と同じように不安だったのです。

そんな君はパパやママの心配をよそにすぐに友達をつくって毎日元気に登園していました。
忘れていました。
君は誰とでも仲良くなれる優しい性格の持ち主。いろんなことに興味を向けてまずはやってみることが大好きな子供です。

そんな君の周りにはいつも笑顔の絶えない穏やかな空気が流れていました。
それを見てすぐにパパとママは安心しました。君にはすぐに人と仲良くなれる素敵な魅力があったからです。

この頃には弟も生まれていて、園での新しい生活に加えて君は気付いていないかもしれないけれど弟との接し方もいろいろと身につけていきました。
いっぺんに環境が変わってストレスもたまってきていると思うのに、幼稚園から帰ってきた君はいつも笑顔で家族と接してくれていました。

無理をしなくていいんだよ、と何度言ったことか。

目に涙を浮かべても誰かのせいにするでもなく、いつもニコニコと元気に遊んでいました。

誰にでも目を向けて、人の痛みを理解しようとするとても優しい性格。
パパとママはそんな君の背中をいつもみていました。だから、大きくなってもずっとそのままでいてほしいです。

さて、そんな君もいよいよ卒園を迎えました。
一年間の未就園期間と三年間の幼稚園生活。足掛け四年間の登園は今日を最後に終わります。

春からは小学生。
仲の良かった友達とはじめて別れることになるけれど、大丈夫。
君にはすぐに人と仲良しになれる素敵な能力があるのだから。
なんにも心配しないで新しい生活をはじめてください。

万が一不安なことや心配事があったとしても、パパとママはいつも君のことを見ているから安心していていいよ。

卒園おめでとう!そして、ありがとう。

君がパパとママの子供で本当に良かったと思います。
とても誇らしく思います。

余談だけど、君が卒園を迎えたことでうれしい思いもあるけれど、ママがとっても寂しそうにしているのをパパは知っています。


記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA