TwitterやFacebookなどのSNS上で見る気になるあの人の心の内を知る方法

現場での平均労働時間が12時間くらいになってんじゃないか?な @hiroma20 です。おはようございます。

毎日どんだけ忙しくっても辞められない、良く言えばすっかり習慣化してしまったSNS(ソーシャルネットワークサービス)。
その中でもぼくはTwitterをよく利用させてもらっています。

有名どころではFacebookやGoogleプラスも利用していますがそちらはあまり活用できていません。

Twitterをはじめた理由というのが「ビジネス活用」が大前提でした。
ぼくの従事する建築業界はなかなかにしてアナログな世界で、iPhone手にしてからはどうにかしてもっと効率良くできないかなーとか模索しまくってた時期です。
その手の書籍やネットで目にするTwitter+ビジネスにはすごく興奮しましたし、当時はかなりその気になっていましたです。

ネットとリアルは意外と繋がりやすい?

話しが逸れましたが今日はその「TwitterやFacebook」でフォローしている人の中身を知って仲良くなれるかもしれないお話し。(はじめに言っておきますが、フォローする基準というのは人それぞれなので一概には言えません。自己判断にお任せします

最近思うのはSNS上で気になる人(波長の合う人)とはリアルでも顔を合わせた方がいい!と感じています。
ビジネスやライフハックなどが気になるぼくが、TwitterやFacebookでフォローさせてもらっている方たちの話しになりますが、ここのところオフラインで交流を深めている会話がなんと多いことか!というのが実感。

実際オフ会に参加されている方のお話を聞くと、ネットでは感じ得ない充実感があるとか。
また、ネット上と実物の違いを見るのも楽しいらしいですw

イメージはひとそれぞれ

各人がタイムラインで発信されているコトバは本当に興味深いものばかりで、その内容次第ではその方の人となりが窺い知れることができます。
もちろんブログを発信されている方であれば深いところまで知り得る確率は上がりますね。

ただやはり読み手の受け取り方次第でその人のイメージは固まってしまうでしょうね。
その中で、気になるあの人の心の内を知る方法は簡単です。

それは、タイムラインをただ眺めてるだけじゃなくて、勇気を持って自分から話しかけてみるということです。

やはり何事も「会話」が大事なんです。これはリアル世界でも共通する考え方であります。

なんなんだ!って話しですが、残念ながらぼく自身それができないでいますww
過ぎ去るタイムラインをただ眺めているだけ。どんだけ急がしくっても眺めることだけはできますからね。

でもこれではイカンと思っているのも事実。
たまーに時間が空いて二言三言会話させてもらうタイミングがあるんですが、やっぱ楽しいんですよね。その場にいないのになんとなく「背景」が見えるというか。

繋がることの安心感

甲斐性のないぼくは人と会う約束をなかなか守れません。すっげー会いたい人を会えるチャンスがあっても、仕事を理由にドタキャンになってしまいます。
これは本当にツライですし、この先ずっとこのままなんじゃ?と思うこともしばしば。

そしていつも眺めているタイムライン上で人と人が繋がる様を見ていると、ものすごく孤独感を感じてしまいます。

それでもソーシャルネットの世界に入ればいつだってあの人がいる。
こんなぼくでも相手してくれる優しいあの人もいる。
なかなかリアルでは会えないけれど、勇気を出して自分から話しかければちゃんとアンサーしてくれる素敵な仲間がいる、と思えます。

本当なら実際にお会いしてお話しさせてもらった方が早い段階で仲良くなれるのは充分承知していますが、それが難しい方たちもいらっしゃることでしょう。

その厳しい中で自分の理想を追求するのであれば、やっぱ勇気を持って自分から話しかけてみるしかないんだぜ!ってことに尽きます。

まとめ

自分が実践できてないことを声高に宣言するのも恥ずかしすぎますが、ぼくはこう思う訳なんです。

大事なことなので三回言います。
タイムラインをただ眺めてるだけじゃなくて、勇気を持って自分から話しかけてみる

ぼくも頑張ってみますので、皆さんも実践してみるのはいかがでしょうか。

Posted from するぷろ for iPhone.

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA