やればできる!やらなきゃできん!

来週の作業をスムーズかつ予定通りこなすため、今日はかなりタイトなスケジュールを組みました。

A班はそもそもその面子じゃ今日は終わらない!と、ハナから終わらないムードを決めつける輩が職長の現場に、予定4人のところを急遽3人作業となりもうダメかも知れない感漂ってました。

B班はひとり作業で連日頑張ってくれているので、もうぼくらC班が午前と午後の2現場終わらしてから行くっきゃないじゃないか!

半日仕事をふたつとはいえ、一つ一つの現場の施工量はかなりありました。
ぼくは若手と二人だったんですが、A班に合流しなくちゃヤベェじゃん!の一心で休憩もほとんど取らずフルスロットルで頑張った。

ただし、早く終わらせなくちゃならない状況でもそこで手を抜いていては身も蓋もないので、アクセルアーツの名にかけて美観にはこだわって作業したとです。

途中神奈川の現場に入っているD班からお昼で上がりますと連絡があり、A班に合流の要請を出す。

午前の仕事を終わらして、一度A班の現場の様子を見に行ってからふた現場目に着いたのはちょうど15時。
所長と打ち合わせ後作業に取り掛かったのは15:20過ぎ。役所仕事なので残業はできない。
脳みそフル回転で作業手順を決めて若手に指示を出し、作業に取り掛かる。

実をいうとこーゆー切羽詰まった状況って好きなんすわ。ひとつミスればぐだぐだになってしまう状況。
この緊張感たまんねーww

若手も空気を読んでおぼつきながらもせっせと作業をこなしてくれたおかげで、通常二人でも三時間はかかるところをその半分の時間で完了できました。
こーゆーのが気持ちいいんだよね。かなりハードルの高い作業内容だったけれどうまく捌けました。

そんで一息いれてからA班の現場へ向かったよ。

現着するともう帰り支度をしてました。さっきの話によるとこの現場も残業できないとのことだったので、きっと仕事残したまま撤収なんだろうなと思ってましたがよくよく聞くと、とりあえず予定してた作業は完了しましただって。
D班の合流が効いたらしかったです。ナイスなアシストです。

てゆうかさ、どんなにヤバイ状況でもやらなきゃ終わらないんすよね。
最初から終わらないと決めつけるのはダメダメです。男として、職人としてカコワルイ(´-ω-`)

今日は日曜日だったけれどスタッフみんなフル稼働。
それぞれがそれぞれなりに考えて、良い働きをしたと思います。
今日はなんか、みんな離れて仕事していたけれどひとつの思いで動けたような、そんなちょっとだけ嬉しい日曜日でした(=´∀`)人(´∀`=)

帰宅したら子供たち全員風邪でダウンしてたけどなー(‘A`)

Posted from するぷろ for iPhone.

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA