音羽御殿にて優美な庭園を望みながら300,000スコヴィルの衝撃を喰らう!

本日の業務は、板橋区の来週頭から乗り込む改修工事の打ち合わせから始まりました。

小一時間で終わるだろうと考えてた打ち合わせは、なんやかんや三時間くらいかかっちゃったよ。

その後、あわてて文京区音羽に移動する。

元内閣総理大臣の邸宅へ

発注資料に書いてある物件名は「鳩山会館」。

そう、かの有名な元内閣総理大臣鳩山由紀夫( @hatoyamayukio )の祖父であり、第52期から三期連続総理大臣を務めた、鳩山一郎元内閣総理大臣の邸宅(現在は記念館らしい)です!

施工内容は現地にて確認とのこと。

仕事そっちのけで撮った写真を載せてみる。

ほらね。

現在地盤改良の工事中みたい。

うちの仕事はこの工事とは完全に別工事となります。

どーーーん。
長い長い坂道を登り切るとなんか趣のある建物見えてきた。

うわっすげぇ。
この庭園は一般の方も見ることできますよー入館料支払えば。

鳩山一郎の銅像。渋っ!

鯉とか普通に泳いでる。

どーーーん。
都内とは思えない光景。

ずどーーーん!

なんか舞踏会とかありそうな雰囲気。

※ 東京都内。

この辺の景色は入館料さえ払えば誰でも堪能できます。

実はこのお庭の先には一般人立ち入り禁止のポイントが!

工事業者の特権利用して入ってみる。(実はこの中に施工部分があるのです)

なにか出てきそうな雰囲気でした。

ずんずん進む。

森!

けもの道!

ぜったいに夜は歩きたくない空気が漂ってました。

第二次世界大戦にも耐えた昭和建築


キタ━━━━━━ (゚Д゚) ━━━━━━!!!

ねーねーなにこのオリエンタルな感じ。

東京都内でこの空気感って。

周りはオフィスに囲まれてるってゆーのにその喧騒すら感じさせない凛とした建築。
現代社会の渦をものともしない堂々とした佇まい。

こ・れ・が

真の昭和建築!すっげーすっげー!

案の定、ロケや撮影で使われてるらしいですよ。

そりゃこのロケーション使わない手はないですわな。

最後の最後で


そんで心和んで仕事も片付いてさて帰るべ!ってまたさっきの園庭を横目に歩いていると、ちょうど木陰で休憩していた庭師の方に声かけられた。

「これ、ひと粒食べてみるか?」

色はパプリカみたいな鮮やかなオレンジ。

すっげーツヤツヤしてて食欲そそるなんかの実を差し出してきた。

実を割いて、中の種をひと粒口にいれてみなさいと優しい笑顔で勧められたら断る理由もありません。

「すいません、いただきます!」

心なしか庭師ニヤニヤしてた。

次の瞬間口の中に電流が走った!

そして後からくる辛味!

ほんの少し舌の先で舐めただけなのに顔面マヒ状態。

もちろんジーパン刑事風のセリフが脳とリンクして瞬間飛び出した。

「な!なんじゃあぁこりゃあぁぁぁ!!!」

ニヤけ顏の庭師曰く、これは世界で一番辛い食べ物だよ。
と、今度はドヤ顔で説明された。

こんなの食べ物じゃねーだろ!

ちなみに栽培してるんだって。

これね。

ハバネロね。

いやいやいや、ざけんな庭師ww

こちとら半日仕事してヘロヘロになって、汗ダクで喉カラカラなんじゃい!!

差し入れで出すもんじゃねーだろハバネロww

本物のハバネロの辛さ舐めてました。

まさかこんなのだったなんて。

真面目な話し、40分間くらい顎や上唇の痺れとれませんでした。

なんか紙ヤスリで顔面擦られた感じっすよ。

ちなみにタイトルの「スコヴィル」って辛さの単位らしいです。

ハバネロの辛さは30万スコヴィル。

ちなみにハラペーニョは3,500スコヴィル。タバスコでも30,000〜50,000スコヴィルらしいです。

素直にタバスコの10倍ですって( °`Д´° )

そんなもん喰わすなよ庭師wwww

鳩山会館 – Wikipedia

図録▽トウガラシの辛さランキング

Posted from するぷろ for iPhone.

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA