最近の投稿

その他の記事

Tagged
「それはお前、DNAだよ」と父は言った|ひろまひろく#166【2014/01/01版】

「それはお前、DNAだよ」と父は言った|ひろまひろく#166【2014/01/01版】

こんにちは。ヒロマ(@hiroma20)でございます! 離れて暮らすと実家に行く機会ってなかなかありません。まして、小さな子供がいるとなおさらです。 本来なら孫の顔を見せに行きたいのだけれど、日々の忙しさからついついそのことを忘れてしまいます。 父も母ももうだいぶ老いました。 「その時」がいつきてもおかしくはありません...
447 views
親はどこまで子どもに介入するべきなのか?

親はどこまで子どもに介入するべきなのか?

先日Facebook上で奥さんがとても気になることをポストしていた。 友達とのトラブルらしいが相手にはまったく罪悪感らしいものが感じられない困った案件。 長男自身はとても気にしていて、涙目で訴えたという。
543 views
素敵な言葉が行動を変える|「Family」= Father & Mather, I love you .

素敵な言葉が行動を変える|「Family」= Father & Mather, I love you .

自分にとっての家族とは砂漠にあるオアシスに等しい。 度合いによってバラつきはあるけれど、それなりに社会に出て命を削っている中で、彼らの存在は「本来の自分を取り戻す超聖水」みたいなもんだ。 戦場に出て自分のスキルを上げることに神経をすり減らし、どちらが大事かもはや分からなくなっている感はある中で、家族のために頑張る使命が...
461 views
父の想いと万年筆

父の想いと万年筆

回想。 私の父は過去に新聞や雑誌の誤植をチェックする仕事をしていた。母やまだ小さかった頃の私たち兄妹を養うために、父は必死になって働いていたという。 本業は別に持っていたのだが誤植の仕事以外にも夜の世界に進出し、水商売をはじめ文面には表せない商売もしていたらしい。昭和の後半、まだ日本が経済成長著しい頃だった時代にいろい...
460 views