// ********************************** // モバイル全画面広告--ここから // ********************************** // ********************************** // モバイル全画面広告--ここまで // **********************************

最近の投稿

その他の記事

■絵を描いて生きていくということ。

■絵を描いて生きていくということ。

結論から言うと絵を描いて生きていくことは簡単だ。


仕事をしながら、そして家事をしながらだって好きな絵を描くことはできる。


ただそこに、「描いた絵をお金に変える」とか「プロになる」とか、または「空いた時間に趣味程度に描く」となるとその意味は途端に変わってくる。


描いた絵でお金を稼ぎながら生きていくのか、ブログやSNSに上げてちやほやされ満足しながら生きていくのか、たぶん「絵を描く」ということと「人生」を無理やり引っ付けるとこういった両極端な考え方になるのだろうけど、大きく外れてはいないと思う。


僕はまさにいま、その窪地におる。


スポンサードリンク



3月、僕はそれまでのモヤモヤを晴らすために意を決して、似顔絵のオーダーサービスを開始した。



スタートキャンペーンと称して3月中のみ30%割引価格で描かせてもらうことにした。


その甲斐あってかありがたいことに、立て続けにたくさんのお問い合わせやオーダーをいただくことができた。


ただし、僕の似顔絵の料金は「相場」から考えるととても高いと思う。たぶん初めて目にした方はギョッとするだろうし、一言物申したい方もいるだろう。


最近ではワンコインでオーダーできるサービスもあるし、しっかり描き込まれた手描きの似顔絵だって3,000円程度でお願いすることもできる。


料金を低く設定して気軽に利用できるものを提供することも大切だ。これは間違いじゃない。


でも僕は自分の価値は自分で決める、そして自分の価値を試してみたいというのもあって、誰が作ったかわからないような「相場」に乗っかることを避けた。


その他大勢になるなんてごめんだった。



絵を描いて生きていくということ。


話を戻そう。


なにも絵にかぎったことじゃない。


好きなことをし続けることはどんな環境においても可能だけれど、それをお金に結びつけるのはまた意味が変わってくる、と思ってる。


そこにマネタイズというクセモノが姿を現した途端に信念にブレが生じてきたりする。


でも、好きなことをお金に変えること自体は間違ってるともおかしいとも思わない。


むしろそこは積極的に使うべきだろうし、そこからまた様々な道が拓けていくことだろう。


「いかにお金に変えるか?」


素人が頭を悩ませてそこに注力する時間や体力があるなら、まずは好きなことに集中してやればいいと思う。


自分は好きなことをし続けた上で、お金に変える方法とか云々はプロに任せるのが得策な気がする。本当に稼ぎたいのであれば。



趣味の延長は仕事にはならない?


まだ若い頃、動物が好きだった僕はペットショップをやってみたいと思った。


開業に至らずとも、動物と触れ合える職場で働きたいなとぼんやり考えていた。


でもその当時周りにいた人たちからは「好きな動物でお金を稼ぐのはどうなの?」とか「好きだからって仕事となると話は別だよ?」といわれて勇気のなかった僕は諦めたのだ。


でも本当にそうだったのだろうか。


今となってはそんなの関係ねー!って言えるけれど、その当時の僕にとってみたらそのアドバイスは至極真っ当なご意見だと納得させられた。


趣味の延長、好きなことの延長ではお金は本当に稼げないのだろうか?


これは大人になった今となっても課題のひとつではあるけれど、いまだに勇気を持って取り組むことはできないけれど、でも仕事とは考えないまでも稼ぐことは可能だし、なんの問題もないのではないかと思っている。


自分がそう思えるのなら、それは間違いじゃない。きっと正しい道なのだ。



さいごに


自己評価が著しく低い僕にでも、胸を張って得意げに人に表現することができる「絵」というモノをもっと見てもらいたい。


大した技術は持ってないかもしれないけれど、「僕なりの絵」というのはきっとあるはずなのだ。


そして、僕だけじゃなくて、みんなにもその人特有の素晴らしいモノがきっとあるはずなのだ。


お金になるかならないかなんてのは本当にわからない。


けど、好きなことだけして生きていくことは可能なのだ。


とても曖昧で、抽象的で、腑に落ちず、的を得ず、なんの根拠もない考え方だけれど、僕もまた絵を描いて生きていくことは可能なのだ。


万人受けしなくてもいい。


むしろその必要はない。


僕が、僕自身が嬉しくなるような、ワクワクハッピーになるようなイラストを描き続けていければそれでいいのだ。


僕の道、あなたの道は、自分で決めていけばそれでいいのだ。



記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

運営者プロフィール


運営者 : マツオ ユキ



家族とイラストとブログが大好きな東京在住3人子持ちガテン系のお父さん。
心から好きなことを楽しみながら生きていくことを決めた マツオユキの公式ブログです。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント